吸わない人に配慮 健康に害のあるタバコは分煙しよう

吸わない人に配慮 健康に害のあるタバコは分煙しよう

健康のために分煙をするなら喫煙スペースを作る

タバコを吸うことが体にはあまり良くないことは知られています。
でも、タバコを吸う人にとって、タバコは安らぎを与えてくれるものです。

ですから、完全に取り上げるわけにはいきません。体のことを考えて吸っているのですから、吸う人は健康が多少害されても構わないとして吸っているのでしょう。問題は普段吸わない人です。

自分自身はタバコを好まず、体のためにも吸おうと思っていません。
ですが、あるところからプカプカと煙がやってきます。

タバコを吸わない人にとっては、煙草の煙、吐く息、吸殻から上がる煙、すべてを嫌うことになります。
それが体に入るだけで気分が悪い思いをするのです。

もちろんそれらを吸うことで、体に何らかの影響を与えるとも言われています。
吸う人がある程度意識をしないといけないのです。

でも実際にはなかなかうまく行かないので、公共の場所であったり、建物内などにおいては、喫煙を禁止するところが増えています。
受動喫煙を防止するためです。

そのことから、タバコをする人が道路などで吸っているのを見かけています。
その横を通らないといけない人にとっては迷惑な話になります。
風にのってその煙がやってくるからです。

分煙をしようとするのであれば、喫煙スペースを作るようにします。
建物内において、他の部屋に煙などが行かないようなスペースを作ります。
タバコを吸う人なら、他人の煙草の煙が気になることはないでしょう。その人達だけで問題を解決することができます。

注目のキーワード

Copyright (C)2017吸わない人に配慮 健康に害のあるタバコは分煙しよう.All rights reserved.