吸わない人に配慮 健康に害のあるタバコは分煙しよう

吸わない人に配慮 健康に害のあるタバコは分煙しよう

健康が1番!吸わない人のためにも分煙を。

私は10代の頃からタバコを吸っていました。
始まりは、ただ単に喫煙者がカッコよく見えた。だけです。

今思えば本当にバカです。

。。情けないです。

親になんど注意されてもやめず、やめれず吸っていたのですが、付き合いだした彼氏に「タバコは吸うな。吸って良いことは何一つない。アホや。」と言われ、親に言われてもやめれなかったのですがなぜかやめようと思い最初はあと1本だけ、あと1本だけとダラダラしていたのですが1年ほどかけてようやくやめれるようになりました。
もう禁煙して7年ほど経ちます。

もう7年も経てば、吸っていない人の気持ちがイヤというほどわかるようになりました。
はっきり言って、臭いんです!!タバコ独特のにおいがしますし自分が吸っていないのに、吸っている人と食事などした後は、本当に髪の毛も服さえもその吸っていた人のタバコの臭いがつくのです。

私も吸っていた時なんて1度も相手のことを考えていませんでした。
もちろん健康に悪いと解っていてもタバコは薬物と同じように1度吸ってしまうと体が拒否しない限り吸いたくなるものです。

吸わない人が、吸う人の煙のせいで体が悪くなると言われていても吸わない人への配慮が出来ていない人が多いのも事実です。

個人の意見として子供もいるので、タバコを無くしてほしいくらいです。

無くせないのなら、タバコ業界がもっと分煙を増やすなどの公共の場を作り吸わない人には害がありません!と言えるくらい整えてほしいものです!

注目のキーワード

Copyright (C)2017吸わない人に配慮 健康に害のあるタバコは分煙しよう.All rights reserved.